--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

01

コメント

おーとせーぶ

XSIはよく落ちる。

そもXSIくらいしか総合的な3Dソフト使ったこと無いので他がどうなのかはわからないですが・・・。

自分は仕事でXSIを使うときに質感ライティングなどレンダの調整や造形の微調整などの確認でリージョンレンダしまくる人です。

基本素人な自分は脳内レンダとかレベルの高いことはできませんので、リージョンレンダを自動更新にしたまま調整とかよくやります。

これでエラー吐いて落ちてくれる分には復元できるのでいいんですけど、エラーも吐かずに固まってそのまま戻ってこないXSI様によく腹が立ちます。

ましてや、1時間くらいセーブ忘れてて落ち、復元できなかった日にはJunkiさんのように画面を破壊したくなります。

そんなこんなで最近オートセーブの機能のことを思い出したので使ってみました。設定欄にはご丁寧に保存先のパスが書かれているんですが、オートセーブ後そこを確認しても説明にあるようなAutoSave.scnが見当たらず、変わりに拡張子の何も無いAutoSave1というファイルがあるだけ・・・。

これじゃどうやって復帰するんだよと悩んでいたんですが・・もしやと思いAutoSave1のファイルをAutoSave1.scnとファイル名の後に拡張子を入れてやったら何の問題もなく解決。

おいおい拡張子くらいデフォルトでつけてくれよとXSIに愚痴をたれてました。




というかこんなことも知らない素人ですorz

スポンサーサイト

01

20

コメント

切り替えスイッチ

switch4switch2switch2switch1



4枚の画像は4種類のシェーダーを強度のパラメーターの数値によって切り替えるレンダーツリーです。

この強度の値をDisplayInfoとかですぐ切り替えられるようにするシーンをよく作ります。このレンダーツリーの場合スイッチとColor Math Logicを増やせば幾らでも切り替え可能です。

ただ、この組み方だと簡単なんですが、些か見栄えが悪い。

もっとこういい感じな方法ないですかね?

01

18

コメント

インクの強弱指定

ink_vertex


仕事でよく使うんですが、トゥーンインクの強弱を頂点カラーで指定しちゃう方法。複雑なレンダーツリーで強弱をいい感じに制御できるんでしょうが、基本文型の自分には今のところ無理なので簡単なこれをよく使ってます。

ただ、頂点カラーなのでポリゴン数が少ないと全然使い物にならないです。まあ、その場合テクスチャなどで代用ですかね。

SAKANAYAさんのところで影のレタッチで使われている方法と同じようなものです。むしろ、その記事からこれ作ったようなものなのでw




あ、キャラクター作成の方は現在顔を作成中です。

顔はキャラの命なので時間をかけながらじっくり作る予定。

出来次第公開します。期待しないでお待ちくださいw

01

16

コメント

Override

override


仕事でよく、XSIのトゥーンインクを使うんですが、オブジェクトのクラスターにローカルマテリアルを設定し、マテリアルの境界線にインクラインを引くというのを重宝してます。簡単なのでw

その際に、まったく同じシェーダーのただ、インクを出すためだけに分けられたマテリアルとかが大量に増えるんですよね。それを管理するためにそれらのマテリアルがあたったクラスタとかオブジェクトとかをグループに突っ込んでオーバーライドを適応し、後で色変更とかがあった場合一気に全部変えられるようにしてます。

適応方法は適応したいグループなりオブジェクトなりを選択した状態でプロパティの欄からオーバーライドを選択。
パラメーターの追加でパラメーターとかパラメーターの数値とか追加できます。

ただ、このオーバーライドはどうもバグが多いのかわからないですが、他の人のXSIにデータ渡すときに壊れたりします。
また、、オーバーライド適応時はマテリアルがロックされるの、マテリアルの個別編集するために一旦目的のクラスタなりオブジェクトをグループから出してやったりするんですが、このときに出したはずなのにマテリアルがロックされたままだとか・・・。

あと、グループに適応する際、グループ内にクラスタのみしかない場合、パラメーターの追加ができないです。

これどうにかならないかなぁ・・・

仕事で使ってるのは6.02なんですが、もしかしてそれ以降のバージョンではこれが治ってたりするんですかね。

誰か知ってる通りすがりのXSI使いさんいたら教えてください;;


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。